生徒100人以上のスクール経営

ダンス教室、ヨガスタジオの開業・生徒集客をざっくり教えるコンサルタントのブログ

スクール経営

売上を上げ方が一発で分かる方法

投稿日:

売上は待っていても上から降ってくるものではありません。

実は足元にあります。

 

売上を上げるという事は、もっと顧客のニーズを満たす事です。

顧客のニーズを知るために、世の中の会社は専門の調査会社に沢山のお金を払っています。

飲食店でも、スーパーでもアンケートボックスを設置して顧客のニーズを知ろうとします。

それは顧客のニーズを知り、ニーズを満たせるサービスを提供して売上を上げる事が目的です。

 

スクール教室ビジネスで考えてみましょう。

もっと売上を上げたいという事は、まずは生徒がもっと満足する方法を知る事です。。

調査会社に依頼する必要はありません。

アンケートボックスを設置する必要もありません。

 

生徒が満足する方法は

生徒や保護者に直接聞けばいいんです。

直接聞ける距離感にいるというのは、スクール教室ビジネスの強みです。

 

 

是非、試しに聞いてみてください。

「もっとあれがやりたい」

「もっとこれが上手くなりたい」

「こんな所に出たい」

「ここが嫌だ!」

「ここを改善してほしい」

「あれが納得いかない」

 

本当に色々な意見を言ってもえます。

良い声はうれしいですけど、クレームは怖いですよね。

 

けどビビっちゃいけない。

ここに目を背けると、売上に目を背ける事になります。

 

そう、もし売上に悩んでいたら・・

どんな広告出そうかと考える前に

目の前の生徒さんを見てあげてください。

そしてもっと生徒のためになる事をやりましょう。

 

-スクール経営

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

BSとPLとCF

タイトルの意味が分かる方はスルーしてください。 意味が分からない。。という方 経営者になる為には、絶対に知らないといけません。 難しい事は言いません。 まずはこれだけ覚えれば十分です。   …

最近はクラウド会計が主流

スクール経営でも会計は必要になります。 苦手だとしても、やらないといけないんです。 頭痛いですよね。 税理士に丸投げすると月に1万~2万円も取られてしまいます。 その為、皆さん自分で会計ソフトに入力し …

小さいスタジオの数字の見方

前回のブログで、PL、BS、CFの意味を書きました。 今度は、小さいスタジオの数字の見方を書きます。 ここだけ見ればなんとかなるというレベルの話です。 そう、超数字が苦手な人向けです。 もう一度復習し …

売上に対して使えるお金は〇%以下

これが出来ればスクールは安泰です。 まず潰れないでしょう。 店舗展開も夢ではありません。   売り上げを上げるのと同じぐらい大事な事。 それは費用管理です。 100売り上げて、100以上の費 …

小さい所は高く売れ!そして全力で働け!

ダンススクールで利益を出そうと思ったら、決して安売りしないでください。 まずこの2点を考えてみてください。 その価格設定で 1、先生に適正なフィーを渡せるか。 2、オーナーが適正な報酬を得られるか。 …