生徒100人以上のスクール経営

ダンス教室、ヨガスタジオの開業・生徒集客をざっくり教えるコンサルタントのブログ

スクール運営

生徒が上手くなるスクールの作り方

投稿日:2017年7月23日 更新日:

生徒のダンスが上手くなる方法として、一般的に言われている事。

  • 誰に教わるかが重要。インストラクター次第だ。
  • 生徒が練習するかどうかだ。ようは努力次第だ。
  • 元々、生徒のセンスがあるかどうかが重要だ。

例えばで、3つ上げてみました。

どれも間違いではありませんよね。

約15年間、何千人もの生徒を見てきた僕の結論を言います。

『生徒が上手くなるのはスクールの環境次第だ』

 

どんなに指導が上手い先生でも、どんなにスキルがある先生でも

上達意識の低い環境では、生徒は上達しません。

それでもたまにセンスの良い生徒がいますよね。

その場合、先生はその生徒にこっそりこう言うでしょう。

 

「君は上手くなってきたから、このスタジオは卒業した方がいい」

「あっちのスタジオがレベル高いよ。だからあっちに行った方がいい」

(もちろん言っちゃダメですよ)

 

こうして上手い生徒が他社へ流出します。

もしくは目標がなくなって辞めてしまいます。

 

しかし通っているスクールのダンスレベルが高ければ、こうなるでしょう。

 

「上手くなってきたから、次のレベルのクラスに行こう」

 

(ここでもっと上手くなりたい!)

って思いますよね。

こうして上手い子が残り、スクール全体のレベルが上がるんです。

 

では

特別センスある子以外の、大多数の生徒はどうでしょうか。

みんながみんな

周りに合わせるんです。

それが人の習性だから。

 

”全体的”にスキルの低い環境であれば、そこに合わせてしまいます。

面白いのが、少し上手い生徒がいても、

出来ない生徒に合わせた踊り方をするんです。

 

逆に”全体的”にスキルの高い環境であれば

あまり上手くない生徒でも、

上手い生徒に無理やり引っ張られる。

 

 

このように生徒が上手くなるには環境次第なんです。

 

では

まずはじめにダンススキルの高いスクール環境を作る為には?

それは、たった3つ要素があればいいだけ。

 

  • ダンススキルレベルの高いインストラクター
  • スタッフのダンス愛、生徒愛、絶対生徒を上達させるんだっていう情熱
  • インストラクターとスクールとの信頼関係

 

これがあれば絶対に間違いない。

保証します。

生徒のレベルは飛躍的に上がり、結果”生徒が上手くなるスクール”になりますよ。

 

 

STREET ACADEMY

-スクール運営

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インストラクターとの付き合い方

インストラクターがいなくてはスクールは成り立ちません。 スクールの集客、評判はインストラクター次第と言っても過言ではないでしょう。 ではインストラクターと上手に仕事をしていく方法とは?   …

生徒同士、親同士の揉めた時の対処方法

スクールやお教室等の習い事ビジネスを行っていると、たびたび難しい問題に直面します。 その中で一番厄介な問題があります。 それは 生徒同士の揉め事です。 ・子供同士のケンカやイジメ ・生徒同士のいがみ合 …