生徒100人以上のスクール経営

ダンス教室、ヨガスタジオの開業・生徒集客をざっくり教えるコンサルタントのブログ

スクール経営 スクール開業

知り合いに頼む限界

投稿日:

商売を開始する場合、

出来ない事は、大体皆さん知り合いに頼みますよね。

スタジオ開業の場合も、オーナーさんは出来る限り知り合いに任せます。

しかし

知り合いを過信しない方がいい。

知り合いの税理士

知り合いのインストラクター

知り合いの工事業者

知り合いのカメラマン

知り合いのホームページ業者

知り合いのコンサルタント

などなど

 

信頼関係がありますからね。

頼む気持ちは分かります。

しかし、良い事もあれば、悪い事もあるので知っておいてください。

 

知り合いを使うメリット

騙される事はない

相場よりも安く出来る可能性がある

業者を探す手間が省ける

 

知り合いを使うデメリット

知り合いが、その分野のプロとは限らない。

安い分、要望を言いづらい。断りづらい。

安かろう悪かろうの可能性がある。

 

 

このように一長一短ありますね。

なぜこんな記事を書いているかと言いますと。

気になっている事があります。

 

相談に来られる方の教室ホームページは、

知り合いに作って貰ったというものが多いんですよね。

これでは集客しないです。。というサイトが多すぎる。

実際、10万~20万ぐらいで作ってもらったものがほとんどです。

知り合いは作れたとしても、集客のプロではない。

構築は出来たとしてもデザイナーではない。

だから集客しないんです。

 

これはインストラクターにも言えます。

知り合いのインストラクターが、その分野のどの立ち位置にいるのでしょうか。

レッスン方法や、ダンススキル、作品を作る能力はどの程度なのでしょうか。

現場で見てみたら生徒レベルだった。。そんな事もしょっちゅうです。

だから生徒が増えないんです。

 

そう大切な事は

プロを見極める目が大事ということ。

そして一度プロに任せたら、あんまりプロの領域に口出ししない方がいい。

一番やってはいけないのは、プロとアマの間ぐらい人に頼んでケチを付ける事。

ダンスを知らない人に「振付をもっとこうした方がいいんじゃない?」

ってのケチを付けられるほど、嫌な思いをさせてしまいます。

これは誰も得をしません。

今まで安さを追求して、さんざん失敗してきた僕の経験です。

もし違う!と思ったら、取引先を変えればいいんです。

クライアントはあなたですから。

 

まとめると

知り合いか専門業者に関わらず、プロを見る目が必要です。

・信頼できる会社(人)かどうか。

・自分の教室事業に最も収益をもたらすのは何か。

この二点で考えましょう。

それでもよく分からない場合は、

その分野で成功している方に、業者を紹介して頂くと間違いありません。

 

追伸

8月20日のセミナーに参加して頂いた皆さま、ありがとうございました!

皆さまのスタジオ開業の成功を祈ってます!

-スクール経営, スクール開業

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダンススタジオ開業の時、お金いくら必要?

ダンススタジオを作るならお金を用意しないといけませんね。 良く受ける質問なので、ブログに書いておきます。 さていくらでスタジオを作りダンススクールを開業できるでしょうか。   まず開業時はお …

理想のスクールを作る方法

  今のスクールで満足しているでしょうか。 もしくは、今とは違う理想のスクール像があるでしょうか。 「あるんだけど、全然前に進んでいない~」 という方は、簡単な頭の整理をしてみてください。 …

小さいスタジオの数字の見方

前回のブログで、PL、BS、CFの意味を書きました。 今度は、小さいスタジオの数字の見方を書きます。 ここだけ見ればなんとかなるというレベルの話です。 そう、超数字が苦手な人向けです。 もう一度復習し …

<開業編その3>勉強方法とセミナーのお知らせ

前回の記事で【スタジオ開業前には最低限の勉強が必要】という記事を書きました。 <前回の記事はこちら> 今回は、勉強方法を教えます。   最低限の知識を知った上で開業する事で、 成功率が大幅に …

お金を使うとお金が入ってくる話

商売とは ”投資してそれ以上を回収する” ただそれだけです。 スクール、お教室ビジネスも単純に考えたい所ですが・・     人間は損をしたくない生き物です。 損をすることを極端に怖 …